小倉出張の折に文庫本(ばななちゃん)を2冊持っていったのですが、
1週間もあったのに本を手に取る事もなく過ごしてしまいました。
その後、なんか読む気力が無くなって、しばらく読書熱が冷めてました。
しかしここに来て復活!!読んでますー!

・「人生の旅をゆく」「はじめてのことがいっぱい」「チエちゃんと私」よしもとばなな
この中でも「チエちゃんと私」、面白かったです。フワッとばなな調の良いお話でした。
重いテーマも隠されつつ、ちょっとバブリーな雰囲気もあり、でもやわらかーいイメージで・・・。

・「アラミスと呼ばれた女」宇江佐真理
大好きな作家さんなので安心して読めました。時代も大好きな幕末。
ヒロインは男装の麗人。お相手は幕府軍榎本武揚。読まずにはおれません〜。
あまりに面白かったのであっという間に読んじゃいました。
フィクションのような、もしかしてノンフィクションのような・・・。
ここ数年、榎本武揚が気になります。ちょっと関連の本を読んでみようかな。
TVや舞台で色んな人が演じてます。草なぎつよぽん、片岡愛之助等々。
でも私が本を読んでいてイメージしてたのは葛山信吾。
昨年見た舞台「憑神」の榎本役がとっても新鮮で良かったから。
なかなか乙女の妄想をくすぐる1冊でございました。

Comment
私も昨日から、ばななちゃんの「チエちゃんと私」読み始めた所なので、その偶然に笑っちゃいます!
冒頭の食欲に勝ってチエちゃんの病院に走るシーン。あのような心情を文章にできるばななさんは、やっぱりすごいですよね。感心します。もしあのまま食事をし続けたら、自分のことが嫌いになってそれを取り戻すのに何十年もかかるという辺り、本当によくわかります。自分に嘘はつけないし、ごまかせないです。人間心理をとことん突き詰めて考えて、言語化できるってすごい!!
  • aya
  • 2009/06/02 15:01
>ayaさん
まだラストまで読んでないのでしょうか?言っちゃいますよ。
私はねぇ、もっと後ろの方でドキューンでした。
ばななちゃんってもどかしいヤングな恋愛や屈折した表現が多いじゃないですか。
でもねー、サブストーリーとして大人の恋愛をまっすぐに表現してあって、良い!!
鼻息荒げて一気に読んでしまいました。
どうやら私は「女同士で一つ屋根に住む」って言うのが、
小説を好きになる1つのポイントのようです。
  • etsu
  • 2009/06/02 17:38





   
この記事のトラックバックURL : http://fuji.atelier-soleil.com/trackback/1290079

Calendar

S M T W T F S
      1
2345678
9101112131415
16171819202122
23242526272829
30      
<< September 2018 >>

Archive

Mobile

qrcode

Selected Entry

Comment

  • 広島、本日5時まで!
    etsu
  • 広島、本日5時まで!
    サッティ
  • 広島、本日5時まで!
    etsu
  • 広島、本日5時まで!
    Mew
  • ニューフェイスご紹介
    etsu
  • ニューフェイスご紹介
    サッティ
  • さくらパーカー
    etsu
  • さくらパーカー
    サッティ
  • さくらパーカー
    大和まま
  • 広島初日!
    etsu

Link

Profile

Search

Other

Powered

無料ブログ作成サービス JUGEM